ハリや弾力性を生み出す美容物質がコラーゲン

コラーゲンの役割

コラーゲンはタンパク質の一種です。
人間の体に含まれているタンパク質の約30%はこの成分と言われ、そのうち4割は皮膚に、1割から2割は骨や軟骨に存在し、残りは血管や内臓など体のあらゆる部分に含まれています。
この成分は、細胞と細胞を結びつけて強固にするという役割があります。
さらにコラーゲン同士が結ぶつくことで、弾力性に飛んだ繊維を作り出すことができるのです。
つまり、皮膚のハリや弾力性はこの成分によるところが大きいとされています。

加齢により減ってしまうコラーゲン

しかし残念ながら、体内にあるこの成分は20歳頃をピークに次第に減少していくことが判明しています。
そのため、中高年になると皮膚にハリがなくなったり、骨や軟骨がもろくなって関節炎になりやすくなる他、血管の弾力性が衰えることで動脈硬化を引き起こすなど様々な影響を及ぼすと考えられているのです。
こうした状態を予防する、または改善するには、足りなくなったこの成分を外から摂取することが有効とされています。

体内のコラーゲンを増やす方法

最も望ましいとされるのが食事による摂取ですが、多く含まれているといわれる代表的なものは鶏の軟骨や牛すじ、豚足、うなぎ、フカヒレ等で、日常的に取ることが難しいものが多いとされているのです。
そこで推奨されているのが、サプリメントによる摂取です。
毎日必要量を摂取するには、サプリメントが最も確実であり、効率的とされています。
ちなみに、コラーゲンのサプリメントはビタミンCや鉄分と同時に摂取することで相乗効果が得られることがわかっています。
なお、この成分は先にあげた役割の他、研究によって爪を強化する効果や抜け毛を防ぎ髪を強くする効果、筋肉量を増やす、歯周病を予防する、血圧や血糖値を正常値に近づけるなどの効果があることが発表されており、医学的分野において現在高い注目を浴びています。